『2018年度進化する省エネ化IoT時代のESCO・エネルギーマネジメントセミナー』を開催しました。

省エネ・地球温暖化対策への取り組みは、企業の社会的責任とともに、コスト削減の面でも避けては通れない継続的な経営テーマです。
企業において、エネルギーデータの分析〜省エネ施策計画〜実行〜検証といったエネルギーマネジメントサイクルを実行することは、省エネ・地球温暖化対策を推進する上で大変重要であり、政府もエネルギー政策を実施していく上で普及拡大を促しています。
しかしながら、「エネルギーデータの収集分析方法がわからない」「省エネ効果がわかりづらい」「資金の余裕がない」「社内に省エネ推進する人材が不足している」という省エネに関して悩みを抱えている企業も多いようです。 
本セミナーでは、効果的な省エネの着眼点の紹介や、お客様とともに継続的に省エネを実現するESCO・エネルギーマネジメント事業の活用法など、具体的な事例を交え紹介します。
 
資料:2018ESCOセミナーチラシ

<掲載日時 : 2019年07月05日>

その他の記事 - JAESCO情報

協議会の活動・サービス