東北電力株式会社は郡山市と防災環境配慮型エネルギーマネジメントの構築に向けて、協定を締結いたしました。

東北電力株式会社は仮想発電所技術の活用による地域防災力強化・環境負荷低減に向けた取り組みに係る基本協定の締結について郡山市(郡山市長:品川萬里)と東北電力株式会社(取締役社長 社長執行役員:原田宏哉)は、仮想発電所(バーチャルパワープラント:VPP)技術を活用した、防災環境配慮型エネルギーマネジメントの構築に向けて、連携して取り組むこととし、本日、基本協定を締結いたしました。
http://www.tohoku-epco.co.jp/news/normal/1200177_1049.html

<掲載日時 : 2019年02月25日>

その他の記事 - 会員紹介 / 会員便り

会員紹介