お問い合わせアクセスよくある質問Englishサイトマップ

ホームニュース新日本空調株式会社は田町駅東口北地区第一スマートエネルギーセンターへ熱源最適制御システム『Energy Quest®』を導入

ニュース

2014 11月20日

新日本空調株式会社は田町駅東口北地区第一スマートエネルギーセンターへ熱源最適制御システム『Energy Quest®』を導入

新日本空調株式会社は、省エネ、省電力およびCO2排出削減に対応するスマートファシリティエンジニアリングツールとして「熱源最適制御システム『Energy Quest®(エナジー・クエスト)』(商標登録済み)」を田町駅東口北地区第一ス
マートエネルギーセンター(以下、「スマートエネルギーセンター」)へ導入し、同センターは2014年11月1日から運用開始されました。
田町駅東口北地区Ⅰ街区では、従来の地域熱供給を進化させた、熱、電気、情報のネットワークを構築し、需要側と供給側が連携して最適な運転制御を行うスマートエネルギーネットワークによる省CO2型のまちづくりが進められています。
スマートエネルギーセンターでは、新たな街づくりエリアで初めて大規模に太陽熱集熱器を設置し、CGS(コージェネレーションシステム)廃熱とあわせ通年で効率よく利用するほか、近傍の地下トンネル水を利用し、蒸気吸収ヒートポンプ等で熱利用する事により熱製造効率の効率化を図り、『Energy Quest®』の導入により、これらの複数の熱源を最適に制御しています。

http://www.snk.co.jp/event/141114.html

前の記事

次の記事

アーカイブ

  • プレスリリース バックナンバー
  • 2010年