お問い合わせアクセスよくある質問Englishサイトマップ

ホームニュース横河電機株式会社は制御事業の新コンセプト「Synaptic Business Automation↢пvを策定 ~お客様のビジネスの理想的な姿を提唱し、共創活動で支援~

ニュース

2017 11月10日

横河電機株式会社は制御事業の新コンセプト「Synaptic Business Automation↢пvを策定 ~お客様のビジネスの理想的な姿を提唱し、共創活動で支援~

横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:西島 剛志)は、お客様の持続的な企業価値向上のための活動に貢献することを示す、制御事業の新しいビジネスコンセプト「Synaptic Business Automation™(シナプティック・ビジネス・オートメーション)」を策定しましたのでお知らせします。
当社はお客様の理想のビジネスを示す一つの姿として、Synaptic Business Automationを提唱し、お客様の事業変革を支援していきます。
製造プロセス、プラント運営、人財、サプライチェーンなど、事業に関わる全てのデータやプロセスが有機的につながり、整理、統合、制御、分析、解析することで価値のある情報に変わると、現場、管理、経営といったさまざまなレベルで洞察力のある決定や判断が可能になります。
http://www.yokogawa.co.jp/cp/press/2017/pr-press-2017-1106-ja.htm

前の記事

次の記事

アーカイブ

  • プレスリリース バックナンバー
  • 2010年